デンタルヘルスを守るには治療よりも予防が重要

武蔵新城駅そばのアクアファミリー歯科では予防歯科に力を入れています。歯は治療をすることも大切ですが、それ以上に悪くならないための予防が重要です。安心して治療を行えるよう、専用の予防スペースを設置。いつまでも自分の歯と一緒に暮らしていくために、どうぞお気軽に足をお運びください。

治療ではなく予防の時代

「歯が痛いから歯医者に行こう」これまでは症状が起きてから通院するのが常識となっていました。しかし、歯は治療を行えば行うほどダメージを蓄積し、もろくなっていくものです。こうした事態を避けるには、トラブルが起こる前に予防を行うことが求められます。歯科先進国として知られている北欧・欧米では、歯医者は「治療」ではなく「予防」のためにいくもの、という認識が普及しています。今後日本でも、予防歯科の重要性が広まっていくでしょう。

大切な歯の役割

歯には当たり前すぎて気づかない、ですが非常に重要な役割があります。

食べものを噛む 発音の手助けをする きれいな表情をつくる

食べものを噛むことで人は栄養をしっかりと摂り、健康体を維持することができています。また、歯ごたえは食べものの美味しさを感じるためには、非常に重要な要素のひとつでしょう。

さらに歯は正確な発音を助けてくれています。前歯にすき間があったり、出っ歯だったりする場合は、空気が漏れて発音がしづらくなるでしょう。また、歯並びはきれいな笑顔や表情に欠かせないものと言えます。

予防歯科メニュー

当院では、患者さまの歯の健康を守るために以下の予防歯科メニューを用意しております。

PMTC

歯科医師や歯科衛生士が専門の器具を使って行う歯のクリーニングをPMTCと言います。歯磨きで取り除ききれなかった歯と歯の間のプラークを完全に除去し、虫歯や歯周病を改善、さらに口臭予防も同時に行います。

歯磨き指導

当院では、染め出し液を使って、普段どれだけ磨き残しがあるのかをチェックしていただき、歯磨き指導に利用しています。きちんとしているつもりでも、磨き残しは出てしまうもの。患者さまの歯磨きの癖や、改善点などについてアドバイスを差し上げます。

フッ素塗布

フッ素は歯石を強化し、虫歯のリスクを低下させる機能があります。また、カルシウムなどの歯から溶け出してしまったミネラル成分を呼び戻す「再石灰化」という働きもあります。

生活習慣の指導

虫歯の原因は人それぞれ。歯磨き不足だけでなく、生活習慣そのものに大きな問題がある場合もあります。食事や睡眠、嗜好品といった項目を問診でお伺いし、健康的な生活に必要なアドバイスを差し上げます。

メインテナンスの重要性

日本は歯科について言うと北欧・欧米に比べて遅れている、と言わざるを得ません。その理由は未だに「歯は悪くなったら治すもの」という考え方があるからです。以下のデータをご覧ください。

2012年 厚生省 国民健康白書統計 年齢80歳残存歯数

スウェーデン アメリカ 日本
残存歯数 20本 13本 9.8本

これは国別の年齢80歳の人が、どれだけ自分の歯を維持しているかを表しています。見ていただければお分かりの通り、日本人はスウェーデンに比べ半分以上の歯を失っているのがわかるでしょう。

この違いは「予防歯科」にあります。北欧・欧米の人々が歯医者に行く理由は主に健診であるため、虫歯や歯周病になりづらいのです。「歳を取れば歯はなくなる」と言う考え自体が、日本人のメインテナンスに対する意識の低さのあらわれとも言えるでしょう。

当院では、定期的な予防歯科を受けていただくことで、患者さまの口腔内環境の維持を全力でお手伝いいたします。「悪くなったら通う」のではなく、「悪くならないために通う」歯医者でありたいと思います。

治さなくていい歯をつくる 予防歯科アクアファミリー歯科 044-798-2564